11 月<< 2006年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 
この年の瀬に、たぶんこいつは

ノロ!

う~、気持ち悪い

何もする気がおきない~

寝よ
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 出来事
きょうは大納会。
日経平均株価はわずかながら上昇し、17,000円台をキープして終わりました。

ここのところ上昇基調にあったので、長期金利も上がっていくかと思ってみていましたが、それほど上がってきませんね。どうやら1月に適用される住宅ローンの金利は12月よりも、ほんの少し下がる見通しのようです。

さて来年のローン金利はどうなるか。

毎年のように「いまよりは上昇する」と思われながらも、そんなには大きく上がっていかない状態が続いています。

個人的には来年も同じような動きが続くと思っています。どんどん上がる可能性は低いでしょうね。日経平均株価が2万円を大きく上回るような展開になれば、金利も大きく上昇するかもしれませんが、なかなかそのような展開にはならないと思います。

もちろん、景気はもっとよくなってほしいですが、楽観視できる材料はそんなに多くないですね。ま、でも、新たな年に希望を持ってのぞむことは大切でしょうから、株価の上昇は願っておきましょう。
きょうは大納会。
日経平均株価はわずかながら上昇し、17,000円台をキープして終わりました。

ここのところ上昇基調にあったので、長期金利も上がっていくかと思ってみていましたが、それほど上がってきませんね。どうやら1月に適用される住宅ローンの金利は12月よりも、ほんの少し下がる見通しのようです。

さて来年のローン金利はどうなるか。

毎年のように「いまよりは上昇する」と思われながらも、そんなには大きく上がっていかない状態が続いています。

個人的には来年も同じような動きが続くと思っています。どんどん上がる可能性は低いでしょうね。日経平均株価が2万円を大きく上回るような展開になれば、金利も大きく上昇するかもしれませんが、なかなかそのような展開にはならないと思います。

もちろん、景気はもっとよくなってほしいですが、楽観視できる材料はそんなに多くないですね。ま、でも、新たな年に希望を持ってのぞむことは大切でしょうから、株価の上昇は願っておきましょう。
さて、前々回に予告したとおり、週一回くらいのペースで民間ローンをひとつひとつ取り上げ、その特徴を見ていくことにします。記念すべき第一回目は、三菱東京UFJ銀行です。

HPの住宅ローンのコーナーにいくと、まず「7大疾病保障付住宅ローン」の大きな文字が目に飛び込んできます。

3大疾病(ガン(一般に治るガンとされる「上皮内ガン」を除く)、脳卒中、急性心筋梗塞)だけでなく、4つの生活習慣病(高血圧性疾患、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変)も保障し、さらに女性には、女性特有の疾病および妊娠に伴う身体障害を補償する特約も利用できるようになっています。

具体的には、
?7大疾病で30日間(免責期間)いかなる業務にも従事できない場合(*)、31日目以降ローン平均返済月額が毎月保険金として支払われ、ローン返済をサポート。

?7大疾病でいかなる業務にも従事できない状態が30日間の免責期間を超えて1年間継続した場合(*)、別途保険金が支払われ、住宅ローン残高を0円に。

(*)入院または医師の指示による自宅療養の場合


という保障内容。

保険料は金利に上乗せではなく、別途支払います。年齢を重ねるにつれ保険料がジリジリ増えていく点には要注意!

前にも書きましたが、このような保障付き住宅ローンは、そもそも、それらの保障(補償)が本当に必要なのかどうか、保険料は割高でないかどうか、冷静に検討することが必要でしょう。


そして、そのほか三菱東京UFJ銀行が力を入れていると思われるのが、住宅ローン「ミックス借入」。これは、一般に「金利ミックス」とか「ミックス返済」と呼ばれているものですが、三菱東京UFJでは金利タイプの異なるローンの組み合せだけでなく、金利優遇のタイプ(当初期間優遇や全期間優遇など)の異なるローンも組み合せができるようになっています。

ちなみに、2006年12月の金利は、10年固定2.2%、全期間固定(21~35年返済の場合)3.26%。飛び抜けているわけではありませんが、まあまあ低めに設定されているといえるでしょう。

ご注意:この記事はあくまでも作成日時点の情報に基づいていますので、現在のサービスとは異なる場合があります。
さて、前々回に予告したとおり、週一回くらいのペースで民間ローンをひとつひとつ取り上げ、その特徴を見ていくことにします。記念すべき第一回目は、三菱東京UFJ銀行です。

HPの住宅ローンのコーナーにいくと、まず「7大疾病保障付住宅ローン」の大きな文字が目に飛び込んできます。

3大疾病(ガン(一般に治るガンとされる「上皮内ガン」を除く)、脳卒中、急性心筋梗塞)だけでなく、4つの生活習慣病(高血圧性疾患、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変)も保障し、さらに女性には、女性特有の疾病および妊娠に伴う身体障害を補償する特約も利用できるようになっています。

具体的には、
?7大疾病で30日間(免責期間)いかなる業務にも従事できない場合(*)、31日目以降ローン平均返済月額が毎月保険金として支払われ、ローン返済をサポート。

?7大疾病でいかなる業務にも従事できない状態が30日間の免責期間を超えて1年間継続した場合(*)、別途保険金が支払われ、住宅ローン残高を0円に。

(*)入院または医師の指示による自宅療養の場合


という保障内容。

保険料は金利に上乗せではなく、別途支払います。年齢を重ねるにつれ保険料がジリジリ増えていく点には要注意!

前にも書きましたが、このような保障付き住宅ローンは、そもそも、それらの保障(補償)が本当に必要なのかどうか、保険料は割高でないかどうか、冷静に検討することが必要でしょう。


そして、そのほか三菱東京UFJ銀行が力を入れていると思われるのが、住宅ローン「ミックス借入」。これは、一般に「金利ミックス」とか「ミックス返済」と呼ばれているものですが、三菱東京UFJでは金利タイプの異なるローンの組み合せだけでなく、金利優遇のタイプ(当初期間優遇や全期間優遇など)の異なるローンも組み合せができるようになっています。

ちなみに、2006年12月の金利は、10年固定2.2%、全期間固定(21~35年返済の場合)3.26%。飛び抜けているわけではありませんが、まあまあ低めに設定されているといえるでしょう。

ご注意:この記事はあくまでも作成日時点の情報に基づいていますので、現在のサービスとは異なる場合があります。
マネーライターのアベさんと、二人で作っていくというブログを開始。

どうのような展開になっていくのかは自分でも楽しみ。

『マネーブログ 大切なお金のこと プロにきいてみた』
(http://moneyblog.stockweather.co.jp/)
  • このエントリーのカテゴリ : 出来事
今年もあと1週間ほどで終わりとなる。
のんびりとした年末年始を過ごしたいものだが、今年は(いや、今年も)どうやらそうもいかないようだ。

年明け早々(3・4・5日)〆切という原稿がちらほら。そして6日から12連チャンのセミナー。キツイけど、とりあえず2007年の出だしはまずまずかな。

「ノロ」とか「インフルエンザ」には気をつけなければ。

ホントに仕事があるってことはありがたい。
いろんな人、いろんなものに、感謝、感謝。
  • このエントリーのカテゴリ : 出来事
公庫からのニュース
予告するほどではないでしょうが、これから週1回くらいのペースで、銀行等が独自に取り扱っているローンの商品内容をひとつひとつ見ていきたいと思います。

すべての銀行等の商品を短期間で一気にチェックするのはしんどいですが、少し時間をかけながらやってみようと思います。

おそらく、銀行ごとのスタンスの違いなども見えてくるはずです。たとえば、金利優遇に力を入れているところや、保障付きのローンを全面に出しているところ、オリジナルな変わったサービスを展開しているところなど。

民間ローンの実態がわかれば、自分にどこのローンが適しているかもある程度わかってくるでしょう。これは、新規の借入れだけでなく、借り換えを検討している人にも役立つ話です。

次回あたりから始めます。・・・たぶん。

乞うご期待!!!
予告するほどではないでしょうが、これから週1回くらいのペースで、銀行等が独自に取り扱っているローンの商品内容をひとつひとつ見ていきたいと思います。

すべての銀行等の商品を短期間で一気にチェックするのはしんどいですが、少し時間をかけながらやってみようと思います。

おそらく、銀行ごとのスタンスの違いなども見えてくるはずです。たとえば、金利優遇に力を入れているところや、保障付きのローンを全面に出しているところ、オリジナルな変わったサービスを展開しているところなど。

民間ローンの実態がわかれば、自分にどこのローンが適しているかもある程度わかってくるでしょう。これは、新規の借入れだけでなく、借り換えを検討している人にも役立つ話です。

次回あたりから始めます。・・・たぶん。

乞うご期待!!!
こんな記事がありました。
もう年内は無料相談等は実施しませんが、年明け早々に予定が決まりました。

1月7日(日) オークラランド住宅公園  無料相談11:00~16:00
1月8日(月) 朝日新聞成増住宅展示場 無料セミナー13:00~14:00

ちなみに、FPの継続教育単位になるセミナーも1月13日(土)10:00~16:00で実施します。
タイトルは、「住宅は買うと借りるでどっちがトク?トクする住宅ローンの借り方と最新住宅ローン事情」というものです。申込、問い合わせは、こちらまで。
もう年内は無料相談等は実施しませんが、年明け早々に予定が決まりました。

1月7日(日) オークラランド住宅公園  無料相談11:00~16:00
1月8日(月) 朝日新聞成増住宅展示場 無料セミナー13:00~14:00

ちなみに、FPの継続教育単位になるセミナーも1月13日(土)10:00~16:00で実施します。
タイトルは、「住宅は買うと借りるでどっちがトク?トクする住宅ローンの借り方と最新住宅ローン事情」というものです。申込、問い合わせは、こちらまで。
20061214135709
プラネタリウム?
  • このエントリーのカテゴリ : 出来事
ここ最近の住宅ローン商品動向を簡単に記事にまとめてみました。

http://kanto.m-douyo.jp/column/loan/archives/1347.html
(マンションってどうよ?関東版、四天王コラム)

“人気のある商品が必ずしもいい商品だとは限らない”

これって、忘れちゃいけない重要なことだと思います。
ここ最近の住宅ローン商品動向を簡単に記事にまとめてみました。

http://kanto.m-douyo.jp/column/loan/archives/1347.html
(マンションってどうよ?関東版、四天王コラム)

“人気のある商品が必ずしもいい商品だとは限らない”

これって、忘れちゃいけない重要なことだと思います。
20061210135155
セミナーの昼休み。ちょっと高いけど美味(*^-^)b
  • このエントリーのカテゴリ : 出来事
こんな記事を見つけた。
----------------------------------------------------------------
[ロンドン 30日 ロイター]
「車椅子の物理学者」として著名なスティーブン・ホーキンス博士が、人類は将来、他の太陽系のある惑星に入植すべきだと語った。

ホーキング博士は30日のBBCラジオに出演し、将来、惑星衝突や核戦争などの大災害により人類が滅亡の危機にさらされる可能性があることを指摘。その解決策として、宇宙に飛び立ち他の惑星で入植することで、人類の安全を図ることができると述べた。

その一方で、従来の化学燃料ロケットで入植に適した惑星に辿り着くまでには、5万年はかかる、としている。
----------------------------------------------------------------

Dr.ホーキンス、おもしろすぎ!

本人は、いたってマジメに答えているんだろうけど、思わず突っ込みを入れたくなった。

「5万年って、無理じゃん!」
住宅優遇税制、軒並み延長へ・自民税調方針という記事。

平成19年度の税制改正が正式に決まるのはまだまだ先ですが、少しずつ方向性が見えてきたようです。

住宅ローン減税(住宅ローン控除)については、2007年、2008年入居の人は、現行の10年と新設の15年のどちらかを選べるようになるらしい。

最大の控除額はどちらも同じに調整するようですが、毎年支払っている所得税が少ない人には15年のほうがおトクみたい。

正式に決まったら具体的な数字で計算してみますので、お楽しみに。
住宅優遇税制、軒並み延長へ・自民税調方針という記事。

平成19年度の税制改正が正式に決まるのはまだまだ先ですが、少しずつ方向性が見えてきたようです。

住宅ローン減税(住宅ローン控除)については、2007年、2008年入居の人は、現行の10年と新設の15年のどちらかを選べるようになるらしい。

最大の控除額はどちらも同じに調整するようですが、毎年支払っている所得税が少ない人には15年のほうがおトクみたい。

正式に決まったら具体的な数字で計算してみますので、お楽しみに。
きょうは某企業が顧客向けに配る「公的年金制度の基礎知識」というタイトルのビデオ収録。20分間独りでしゃべるという短い内容。

てっきり、ホームビデオレベル(といっても最近のビデオカメラは性能がいいので商用にも十分耐えられるようだ)の気楽な感じだと思っていたが、表参道のスタジオに入ると、スタッフ総勢10名を超えるかという大掛かりなモノだった。

メイクさんもいた。

NHKや民放などにたまに出ると(年に1、2回あるかどうかのレベルだが)、メイクでヒゲを消されたり、まゆ毛を少し濃くされたりする。こっぱずかしいのだが仕方ない。半ば強制的にいじられる。

でも、いま出てるCSなどでは、ほとんどノーメイク(いやぁラクラク)。ラジオもノーメイク(当たり前か)。資格学校などのビデオ収録もほとんどノーメイク。

ところが今回はメイクあり。
全体的に薄くではあるが、いろいろいじられた。ヒゲ、まゆ毛、髪、唇!!!
ま、唇はリップクリームのようなものを塗っただけだが、メイクさんに筆で唇をいじられているときには、さぶイボ(関西版:とりはだ)が出そうになった。

やはり、どんなに化粧のノリがいいと言われようが、メイクは気持ちのいいものではないな。メイクを落とすのも面倒だし。

さて今夜もテキストチェックと原稿書きだ。ガンバらねば。
  • このエントリーのカテゴリ : 出来事
フラット35の12月融資実行時に適用される金利は、

金利幅(※):2.860%~3.660% 平均金利(※):3.168%

            (※段階金利は除いています)

とのこと。
予想どおり下がりましたね。11月に比べると、0.1%くらい下がりました。

さて、2007年1月の適用金利はどうなるでしょうか。

このまま年末年始まで株価がもたつくと、長期金利も現在の水準をうろうろするのでしょうが、年明け以降の株価上昇を期待する動きが出ると、株価も長期金利も少しは上昇するかもしれません。

1月のローン金利は、12月より若干上昇するという予想を立てておきましょうか。
さて、どうなる?
フラット35の12月融資実行時に適用される金利は、

金利幅(※):2.860%~3.660% 平均金利(※):3.168%

            (※段階金利は除いています)

とのこと。
予想どおり下がりましたね。11月に比べると、0.1%くらい下がりました。

さて、2007年1月の適用金利はどうなるでしょうか。

このまま年末年始まで株価がもたつくと、長期金利も現在の水準をうろうろするのでしょうが、年明け以降の株価上昇を期待する動きが出ると、株価も長期金利も少しは上昇するかもしれません。

1月のローン金利は、12月より若干上昇するという予想を立てておきましょうか。
さて、どうなる?
早いもので、もう12月。今年はバタバタの1年だった。
そのバタバタのなかで引越しをするという無謀な行動にも出たので、自分で自分の首を絞めたかっこうに。
何やってんだか、オレってば。

今年は……、と〆にかかるにはちょっと早いかもしれないが、思い立ったのでちょっと記しておこう。

メディアへの露出としては、今年はLaLaTVのマネービューティーへの出演があった(たぶん来年3月で終了すると思う)。

ネット上では、新生銀行のバーチャル投資企画への連載や、投信スーパーセンターの姉妹サイト「Legato」への連載を開始。その他、ネット上では住宅関連のブログコラムを1本ずつ。そして、雑誌の連載3本。その他もろもろ。常に〆切に追われている感じが。だからこそバタバタだったと思うのだろう。

そして何より、今年はセミナーが多かった。すでに決まっている12月の予定がそのまま実施されるなら、今年は218回(たぶん、年間ベースで過去最多)。よくしゃべったものだ。
来年もこの調子で仕事があればありがたい。1回あたりの単価を上げられたらもっとありがたいのだが…。

それから、単独で1冊書くのは初めてだが、本も執筆中。年内に書き上げるつもりが、3分の1も進んでいない。マズイ。マジでマズイ。おあぁぁぁ、こんなこと書いている場合じゃない。

さあ、無事、明るい気持ちで新年を迎えることができるか。
もちろんそれは自分次第。なんとかしましょう。残り1ヵ月弱。忘年会シーズンですが、今年は控え目にします。
そうだ!忘年会を控えて、新年会に力を入れればいいんだ。そのためにも頑張ろう。よしよし。

とりあえず、明日のダブルヘッダーのセミナーに備えて寝ますか。
いやいかん、テキストの校正等がまだ残ってた。少しでも進めておかないと。よし、やろっ。
  • このエントリーのカテゴリ : 出来事
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム