11 月<< 2009年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 

今回から大納会は半日ではなく、終日の取引となりました。

昔、証券会社に勤めていたときには、大納会(1年の最後の取引日、通常12月30日)や大発会(1年の最初の取引日、通常1月4日)は、午前中の取引だけで終了だったので、午後1時頃には会社を出て、飲みにくり出したり、マージャンをしたり、1年の仕事納めと仕事初めの日を満喫(?)していた記憶があります。

それが、終日の取引になってしまうと、その楽しみも半減な感じがしますね。

ともかく、2009年の日経平均株価は、10546円というところで終わったようです。

リーマンショック後の下落過程から1年が始まり、順調といえるほどではありませんが、多少回復して終わったというところでしょうか。

はたして来年2010年は、上向く年になるのでしょうか。

厳しい状況はまだしばらく続きそうですが、少しずつでもよくなってほしいものです。

住宅ローンの市場については、低金利状態が続き、準備をきちんとしてきた人たちにとっては、いいタイミングでローンが組めたのではないかと思います。

ただ、依然として不動産市場に明るさが見えないため、これから買おうとしている人たちにとっても、安くていい物件を見つけられる環境は続いているかと思います。

来年も、焦らずに、じっくりと物件を探し、将来のライフプランを冷静に見積もってから、購入の決断を下してほしいものです。

では皆々様、よいお年を。

スポンサーサイト

今回から大納会は半日ではなく、終日の取引となりました。

昔、証券会社に勤めていたときには、大納会(1年の最後の取引日、通常12月30日)や大発会(1年の最初の取引日、通常1月4日)は、午前中の取引だけで終了だったので、午後1時頃には会社を出て、飲みにくり出したり、マージャンをしたり、1年の仕事納めと仕事初めの日を満喫(?)していた記憶があります。

それが、終日の取引になってしまうと、その楽しみも半減な感じがしますね。

ともかく、2009年の日経平均株価は、10546円というところで終わったようです。

リーマンショック後の下落過程から1年が始まり、順調といえるほどではありませんが、多少回復して終わったというところでしょうか。

はたして来年2010年は、上向く年になるのでしょうか。

厳しい状況はまだしばらく続きそうですが、少しずつでもよくなってほしいものです。

住宅ローンの市場については、低金利状態が続き、準備をきちんとしてきた人たちにとっては、いいタイミングでローンが組めたのではないかと思います。

ただ、依然として不動産市場に明るさが見えないため、これから買おうとしている人たちにとっても、安くていい物件を見つけられる環境は続いているかと思います。

来年も、焦らずに、じっくりと物件を探し、将来のライフプランを冷静に見積もってから、購入の決断を下してほしいものです。

では皆々様、よいお年を。

税制改正大綱がやっとまとまったみたいですね。

住宅関連では、贈与税の非課税枠が広がるようです。

今年と来年の2年間限定で導入された500万円の非課税枠が、

来年は1500万円まで拡大され、さ来年も1000万円まで非課税になるようです。

受け取る本人の所得制限(2000万円以内)があるようですが、

父母、祖父母などの直系尊属から住宅資金を贈与してもらえる人は、

来年なら1500万円(基礎控除と合わせれば1610万円)まで非課税になります。

もらえる人にとっては、チャンスなのかな?

例年どおりなら、国会を通って確定するのは来年の3月頃。

細かな制度内容をチェックしながら、動向を見守りましょうか。

税制改正大綱がやっとまとまったみたいですね。

住宅関連では、贈与税の非課税枠が広がるようです。

今年と来年の2年間限定で導入された500万円の非課税枠が、

来年は1500万円まで拡大され、さ来年も1000万円まで非課税になるようです。

受け取る本人の所得制限(2000万円以内)があるようですが、

父母、祖父母などの直系尊属から住宅資金を贈与してもらえる人は、

来年なら1500万円(基礎控除と合わせれば1610万円)まで非課税になります。

もらえる人にとっては、チャンスなのかな?

例年どおりなら、国会を通って確定するのは来年の3月頃。

細かな制度内容をチェックしながら、動向を見守りましょうか。

日経マネー2月号
日経マネー2月号
金融商品等のヒット番付にコメントしました。
  • このエントリーのカテゴリ : 
日経マネー2月号
日経マネー2月号
金融商品等のヒット番付にコメントしました。
  • このエントリーのカテゴリ : 
ゲーテ2月号
ゲーテ2月号
ビジネスホリック人生白書という企画で、マネーに関する部分についてコメントしました。
  • このエントリーのカテゴリ : 
ゲーテ2月号
ゲーテ2月号
ビジネスホリック人生白書という企画で、マネーに関する部分についてコメントしました。
  • このエントリーのカテゴリ : 

当初11日ごろだったものを15日ごろに延ばし、さらに18日ごろに延ばしたみたいですね。

ま、早く出せばいいってもんでもないので、ちゃんと考えて出してくれればいいです。

毎年のように行われる税制改正は、例年、12月中旬に大綱が発表され、

国会を通るのが翌年3月頃。

毎年改正する必要があるのか疑問ですが、

いい方向への見直しはやるべきでしょう。

でも、難しいのが、バランス。

日本経済全体の成長につながるように、景気刺激的な減税をたくさんしちゃうと、

税収が落ち込んで、国の財政事情がどんどん悪くなってしまう。

だからといって、景気刺激をしないと、もっと景気が悪くなって

結果的にさらに税収が落ち込む。

大企業ばかりを優遇するわけにはいかないし、

中小企業ばかりを優遇するわけにもいかない。

子育て世帯ばかりを優遇するわけにもいかないし、

老齢世帯だけを優遇するわけにもいかない。

難しいんでしょうね~。

だから結局どっかで誰かが決断しなければならないんだけど、

連立政権ではその決断が難しいのかな。

大変ですなぁ、政治家も役人も。

ま、それが仕事ですから頑張ってもらいたいものです。

さて、その税制改正。

住宅関連では、贈与税の非課税枠の拡大があるのか。

相続時精算課税の住宅資金の特例の期限延長があるのか。

週末あたりに発表される大綱は要注目です。

当初11日ごろだったものを15日ごろに延ばし、さらに18日ごろに延ばしたみたいですね。

ま、早く出せばいいってもんでもないので、ちゃんと考えて出してくれればいいです。

毎年のように行われる税制改正は、例年、12月中旬に大綱が発表され、

国会を通るのが翌年3月頃。

毎年改正する必要があるのか疑問ですが、

いい方向への見直しはやるべきでしょう。

でも、難しいのが、バランス。

日本経済全体の成長につながるように、景気刺激的な減税をたくさんしちゃうと、

税収が落ち込んで、国の財政事情がどんどん悪くなってしまう。

だからといって、景気刺激をしないと、もっと景気が悪くなって

結果的にさらに税収が落ち込む。

大企業ばかりを優遇するわけにはいかないし、

中小企業ばかりを優遇するわけにもいかない。

子育て世帯ばかりを優遇するわけにもいかないし、

老齢世帯だけを優遇するわけにもいかない。

難しいんでしょうね~。

だから結局どっかで誰かが決断しなければならないんだけど、

連立政権ではその決断が難しいのかな。

大変ですなぁ、政治家も役人も。

ま、それが仕事ですから頑張ってもらいたいものです。

さて、その税制改正。

住宅関連では、贈与税の非課税枠の拡大があるのか。

相続時精算課税の住宅資金の特例の期限延長があるのか。

週末あたりに発表される大綱は要注目です。

あっという間に年末が近づいてきています。早いものです。

なんか、サラリーマンの冬のボーナスは大幅減のようですね。

サラリーマン生活からオサラバして、かれこれ4年半のボクの場合、

ボーナスという響き自体が懐かしい感じですが、

ボーナス併用返済で住宅ローンを返済中の人たちにとっては、

「やめてくれ~」って感じなんでしょうね。

一刻も早く、全国的かつ安定的な景気回復基調に移ってほしいものです。

さて、そんな環境下でも、それなりのボーナスをもらって、

ローンの繰り上げ返済を検討する人もいることでしょう。

昨年の同時期にも書きました↓が、

http://hissie.blog.smatch.jp/blog/2008/11/post-3fd1.html

住宅ローン控除が受けられる人は、

繰り上げ返済は年内に実行するよりも、

年明けに実行したほうが有利かもしれないのでご注意ください。

というのも、住宅ローン控除は、年末のローン残高に一定の控除率をかけて計算するので、

年内に繰り上げ返済をしてローン残高が減ってしまうと、控除額も減ってしまうからです。

ケースバイケースなので、絶対に年明けが有利だと断定できるわけではありませんが、

繰り上げ返済を12月に実行する場合と1月に実行する場合の効果の差を計算してもらい、

12月に実行した場合のローン控除の減る金額と比較してみて判断することが大切です。

少しでも有利になる方法で実行すべきでしょう。

あっという間に年末が近づいてきています。早いものです。

なんか、サラリーマンの冬のボーナスは大幅減のようですね。

サラリーマン生活からオサラバして、かれこれ4年半のボクの場合、

ボーナスという響き自体が懐かしい感じですが、

ボーナス併用返済で住宅ローンを返済中の人たちにとっては、

「やめてくれ~」って感じなんでしょうね。

一刻も早く、全国的かつ安定的な景気回復基調に移ってほしいものです。

さて、そんな環境下でも、それなりのボーナスをもらって、

ローンの繰り上げ返済を検討する人もいることでしょう。

昨年の同時期にも書きました↓が、

http://hissie.blog.smatch.jp/blog/2008/11/post-3fd1.html

住宅ローン控除が受けられる人は、

繰り上げ返済は年内に実行するよりも、

年明けに実行したほうが有利かもしれないのでご注意ください。

というのも、住宅ローン控除は、年末のローン残高に一定の控除率をかけて計算するので、

年内に繰り上げ返済をしてローン残高が減ってしまうと、控除額も減ってしまうからです。

ケースバイケースなので、絶対に年明けが有利だと断定できるわけではありませんが、

繰り上げ返済を12月に実行する場合と1月に実行する場合の効果の差を計算してもらい、

12月に実行した場合のローン控除の減る金額と比較してみて判断することが大切です。

少しでも有利になる方法で実行すべきでしょう。

とちょー
きょうは、新宿でセミナー。
こんなに近くで都庁を見たのは久しぶりかも。
  • このエントリーのカテゴリ : 
とちょー
きょうは、新宿でセミナー。
こんなに近くで都庁を見たのは久しぶりかも。
  • このエントリーのカテゴリ : 

住宅金融支援機構のメルマガより

  • このエントリーのカテゴリ : 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム