03 月<< 2010年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

5月2日、3日、4日と連チャンで無料相談会やります。

場所は、松本。

松本南、安曇野、松本 という住宅展示場の3会場で行います。

お近くの方で、「ちょっと相談してみたい」と思っている人は、是非お気軽にお立ち寄り下さい。

詳しい日程、スケジュールは、↓ のチラシに載っています。

http://www.housing-messe.com/matsumotominami.html

スポンサーサイト

5月2日、3日、4日と連チャンで無料相談会やります。

場所は、松本。

松本南、安曇野、松本 という住宅展示場の3会場で行います。

お近くの方で、「ちょっと相談してみたい」と思っている人は、是非お気軽にお立ち寄り下さい。

詳しい日程、スケジュールは、↓ のチラシに載っています。

http://www.housing-messe.com/matsumotominami.html

関西限定ですが
コメントしました。
  • このエントリーのカテゴリ : 
関西限定ですが
コメントしました。
  • このエントリーのカテゴリ : 

スーモの連載記事をアップしました。

住宅取得の資金計画と妻のパート収入についてです。

『「子どもが小学校に上がったら…」妻のパート収入の収支とは』

http://suumo.jp/edit/money/hissi/100421/index.html

「住宅取得に際して、妻のパート収入もあてにしている」といったことはありませんか?

もちろん、パート収入は、ないよりはあったほうが家計にとってはプラスです。でも、資金計画にそれを計算にいれるのは危険な気がします。冷静な検討が必要でしょう。

あの~4月中旬なんですけど~
雪景色。
きょうは松本でお仕事。
  • このエントリーのカテゴリ : 
はじめての家づくりNo16
はじめての家づくりNo16
いつも資金編で監修してます。

載っているいろんなタイプの家を見るだけでも、けっこう楽しいんですよね~
  • このエントリーのカテゴリ : 

今月は、新入社員の研修が目白押し。

いいですね~、若い人たちは。

いろんな会社の新人研修に行っていると、大きな希望と少しの不安が入り交じった彼らの眼差しに、こちらが大きなエネルギーをもらえるような気がしてきます。

「オレも頑張る!君たちも頑張れ!」

心の中で叫んじゃってます。

しかし、時の流れは早いもので。

今年の新人は、浪人も留年もしていない大卒(4年制)だと、みんな昭和62年度の生まれだそうです。この間行った会社では高卒の子もいたので、高卒だと平成3年(!)生まれです。

ついに来ました、平成生まれ!!

きっと彼らからしたら、ボクなんて、確実にオッサンなんでしょうね。昭和の人ですから。

でも先日、友人が言ってました。

今年41歳になるボクらは、実はもう平成のほうが長く生きているということを。昭和を経験したのは生まれてからの19年間だけで、平成は今年で22年。そうです、平成のほうが長いんです。

ってことは、ボクらも平成の人?

うん、きっとそうです。そう思うことにしましょうか。

もう4月も一週間が過ぎるんですね。早いですね~。なんか、最近、仕事に追われてる…いかん、いかん。

さて、スーモの記事をまたアップしました。

「4月から手取り収入が減るって知ってた?」

http://suumo.jp/edit/money/hissi/100407/index.html

毎年毎年、社会保険料が上がっていく…

なんとかなんないんですかね~

4月から子ども手当が始まったり、公立高校の実質無償化が実施されたりしていますが、来年から税金の負担が重くなりますから、あんまり喜んでもいられません。

とにかく、景気をよくするしかないでしょうね。収入が着実に増えているなら、社会保険料の負担が少し重くなっても納得できる人が多いでしょうに。

鳩山さ~ん、参院選も心配でしょうが、早くなんとかしないと、また景気が冷えこんじゃいますよ~。

スーモの記事をアップしました。

「返済期間は1年短くするだけでこんなに違う!」

http://suumo.jp/edit/money/hissi/100331/index.html

その昔、住宅金融公庫融資を筆頭に、返済期間は5年刻みで設定するのが通常でした。その名残なのか、現在も、返済期間は30年とか35年といったように、5年刻みで組む人が比較的多いようです。

でも、現在の金融機関等は、ほとんどのところが1年刻みでの返済期間設定が可能です。

1年くらいなら、短くしても毎月返済額の増加額はわずか。その一方で、利息負担はトータルで数十万円も減る場合があるのです。

これからローンを組もうと思っている人は、是非ご一読いただいて、1年でも返済期間を短くできるように検討してください。

  • このエントリーのカテゴリ : 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム