07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

信用金庫も選択肢に加えるべき!

石橋さんからのコメントで以下の質問が来ましたのでお答えします。<引用文>抜粋 :
借り換えで銀行をくまなく探し、結果、行き着いたのは地元の信用金庫でした。10年固定で2.1%の金利。なぜ信金はこのように低いのでしょうか?なにかデメリットでもあるのでしょうか?
なにかデメリット面がありましたらお願いいたします。
PS
ちなみに信用金庫は東京ベイ信金です。
3年固定が1.1%なので、10年固定で腹を決めていたのが、グラグラしています。
3年固定を3回継続してもいいかな?ってつい考えてしまいます。危険でしょうか?信金だから特別金利が低いというわけではありません。
ですが、地元密着の信金だからこそ、銀行よりも有利な金利を提示しようと頑張っているところがあるのも事実です。
デメリットはほとんどないでしょう。
あるとすれば、転勤や転職で引越しをしたときに、引越し先に支店がないことで、手続きが少し面倒になるくらいではないでしょうか。

ATMなどは、全国の信金のATMが普通に使えますから、ある意味、中小の銀行よりも便利です。

やはり、住宅ローンを選ぶ際は、銀行だけに限定せず、信金やJA、ろうきんなど、いろいろな金融機関等にあたってみることが重要でしょう。


また、どこか有利な金融機関があったら、私が教えてほしいくらいです。半年ほど前に全国の銀行約120行の住宅ローン商品を調べましたが、もうヘロヘロになりました。毎月毎月すべての住宅ローン商品をチェックするのは正直言って無理です。

お金をかけて広告をうつ金融機関の商品はすぐにチェックできるのですが、信金の情報などは全国規模では流れませんから、それこそ皆さんからの情報があったら助かります。今後も遠慮なくコメントに書き込んでくださいね(ただし、記事と関係ないコメントは削除しますが)。

それから、3年固定の繰り返しはとても危険だと思います。まさに金利が上がり始めているところなので、最低でも10年以上は固定したほうが安全でしょう。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。借り換え検討中、同じような疑問をお持ちの方々のコメント、それに対する回答を拝見し、勉強させていただいております。その結果、ロス(借り換え時の費用など)は発生しても、今の時点で固定金利への借り換えをした方が良い(安定・安心を買うつもりで)との結論に達しました。そして、こちらの記事を拝見し、早速地元の信金を確認しました。ありました!似たような商品が。「10年固定 金利2.1% 以降全期間最大0.6%金利優遇」そしてさらに、「全期間固定(15年~30年)金利2.75%」現在、金利1.875%(0.5%金利優遇があと1年残っています) 残額2280万円 28年です。これを80万円繰り上げ返済し、借入金額2200万円の場合、どちらが得策なのか、考えれば考えるほどわからなくなっています。借り換え自体が正しい選択なのかも、わからなくなっています。アドバイスをいただければ幸いです。借り換え諸費用は約60万円。期間は26年~28年で考えています。当初契約時、保証料・団信保険料の支払いはありません。どうぞよろしくお願いします。

新しいエントリーに回答を書きました。ご覧ください。http://blog.smatch.jp/hissie/archive/68" rel="nofollow">http://blog.smatch.jp/hissie/archive/68

こんなに低金利?信用金庫の住宅ローン

PING:
BLOG NAME
■ 信用金庫も選択肢に加えるべき! / FPヒッシーのみるみるわかる住宅ローン ...


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム