09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

諸費用120万円はちょっと高いかも

まことさんからコメントをいただきました。
<引用文>私はローン残高2950万円・30年を5年固定で借りています。この先の金利上昇が心配で、当初10年2.4%以降20年3.4%の全期間固定のローンへ借り換えを考えていますが、保証料を含む諸費用が120万ほどかかることもあり、とても悩んでいます。
この借り換えをするべきでしょうか・・。

今後の金利上昇が心配なら、できる限り早く長期固定タイプのローンに借り換えるのが得策です。

でも、諸費用が120万円もかかるというのはちょっと高い気がします。
当初10年間の金利が2.4%という水準なら、現在の10年固定タイプのキャンペーン金利と同程度ですから、他の金融機関でも借り換えの試算をしてもらってはいかがでしょうか。

10年固定タイプは、全期間固定ではありませんので、もちろん11年目以降の金利変動リスクがあります。でも、いまから10年後、ローン残高も減ってきているでしょうし、残りの期間も短くなっているはず。

10年後は、再び10年固定を選択するか、7年固定や5年固定を選択してもいいと思います。その時点の金利水準によって適切なものを選ぶスタンスでいいでしょう。

結果的におトクかどうかは、将来、返済が終わってみないとわかりませんが、10年固定であれば、安全かつおトクな返済になる可能性は十分にあると考えています。
是非ご検討下さい。
スポンサーサイト

コメント

早速のお返事有難うございます。11年目以降は3.4%が確定している二段階固定の商品です。なので、諸費用は高いけれど、銀行の超長期3.24%くらいの商品よりは特なのかな?と。どうでしょうか・・・・。

たしかに、全期間固定の3.24%程度のものと比較すると、当初10年2.4%、11年目以降3.4%のほうがトクでしょうね。諸費用が通常の倍近くかかったとしても総返済額でみれば少なくなるはずです。また、今回のエントリーで書いたような10年固定を選択した場合でも、11年目以降の金利が4%以上だったとすると、諸費用を120万円支払っても11年目以降3.4%のほうが総返済額は少なくなります。やはり、今後の金利上昇による悪影響を受ける可能性を完全に排除したい場合は、諸費用が多少高くても、二段階固定の商品にしてしまったほうが安心でしょうね。

当初10年間2.4%ということで返済が無理なく出来そうなので、諸費用が高いのはネックですが、2段階固定のローンを組もうと思います。これから先の金利がどうなるかは分かりませんが、金額が確定している安心感を選びたいと思います。分かりやすく教えてくださりありがとうございました。

住宅ローン借り換え時の諸費用(保証料など)

PING:
BLOG NAME
■ 諸費用120万円はちょっと高いかも-FPヒッシーのみるみるわかる住宅ローン ...


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム