07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

住宅ローンにガン保険は本当に必要?

最近、保険つき住宅ローンが人気を集めているらしい。しかし、これには要注意!!
そもそも「人気がある商品=いい商品」だとは限らないことを私たちは胆に命じておく必要がある。

基本的に住宅ローンを組むときには、団体信用生命保険(以下、団信)に加入する。ローンの申込者が死亡又は高度障害になった場合にローン残高と同額の保険金が出てローンが相殺される保険だ。

保険料は、多くのところがローン残高の0.3%程度。この程度の保険料ならけっして高くはない。やはり、団信は入っておくべきだろう。

しかし、近年登場してきた、所得補償付、ガン保険付、三大疾病付、七大疾病付などといったものは、本当に必要なのだろうか。
たとえば、比較的多くの金融機関で扱っている三大疾病保険付の場合、三大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)のいずれかに該当すると診断された場合など、一定条件を満たした場合に保険金が出てローンが相殺される。

たしかに、一見よさそうな商品に見える。

だが、保険料が高すぎるのではないだろうか。
保険料は、団信とは別に残高の0.3%となっているところが多い。

どんな理由であれ、死んでしまう可能性に備える保険と、三大疾病にかかる可能性に備える保険が同じ保険料なのだ。

もっといえば、三大疾病のほうは、三大疾病にかかっても死なないことがこの保険のメリットを受けられるための条件となる。三大疾病にかかっても、死んでしまうなら団信の保障があれば十分だからだ。

三大疾病にはかかるけれども絶対に死なない。

住宅ローンを返済している30歳代、40歳代、50歳代の人に、そのような確率は一体どの程度あるのか。かなり低いのではないだろうか。それが団信と同じ保険料というのは高すぎるだろう。

まあ、保険会社や銀行がボロ儲けをすることによって、それが日本経済全体を潤し、巡り巡って私たちに経済的メリットを作り出すのであれば、必ずしも悪だとはいえない。

しかし、多額の借金を組もうとしている多少なりとも不安を抱えている人に対して、「病気になったときどうしますか?」などと更なる不安材料を提示して自分達の金儲けの道へ引きずり込む手法はいかがなものか。

一方、ローンを組むほうも、病気や退職など、さまざまな事態を想定した覚悟の上でローンを組まなければならないことを再認識すべきである。
そのような事態が起きたとき、他の保険でカバーするのか、貯蓄でカバーするのか、働いてカバーするのか、確率は低いので放っておく(カバーしない)のか。各人が冷静に考える必要がある。

人間は誰もが病気やケガで入院したり、不幸にも若くして亡くなってしまったりする可能性をもっている。不安に感じるのは仕方ない。しかし、そのためにお金を払う場合は、そうなる確率と支払うお金を天秤にかけるべきである。確率が低いなら、そのお金は貯金をしておいたほうがいいと考えるのもひとつの方法だ。


※久しぶりに長々と書いてしまった。いつも読んでいただいてありがとうございます。「だ・である調」にしたのはなんとなくです。
スポンサーサイト

コメント

疾病保障付き住宅ローン

PING:
BLOG NAME
 “FPヒッシーのみるみるわかる住宅ローン”のサイトで、菱田さんが、今流行の疾病保障付き住宅ローンについて、核心をズバッとついております。

 (必須参照)

  ・フラット35にも三大疾病付き?ヤメロー?
  ・住宅ローンにガン保険は本当に必要?

 ...


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム