09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

住宅ローンはミックス返済がトク?

ミックス返済?

何それ?

って思った人もいるでしょう。
ボクもはじめて見たときには思いました。金融機関によっては、「ミックスプラン」とか「金利ミックス型」などと呼んでいます。

平たくいえば、固定金利や変動金利などの金利タイプの違うローンを組み合わせて借りる方法です。

たとえば、3000万円借りるうち、1500万円は固定金利にして、1500万円は変動金利にするといったものです。
以前は、ごく一部の金融機関等しか扱っていなかったのですが、最近は多くの金融機関で対応できるようにしたようです(昔は、計算が面倒なので金利タイプは1本しかダメって言っていたんだと思いますけどね)。

最近、取り扱っているところが増えているのは、「顧客のニーズが増えているから」と金融機関なら答えるのでしょうが、実は金融機関自身のニーズでもあるからだと思われます。

なにせ金融機関としては、長期固定タイプばかりを顧客に利用されると、金利上昇のリスクを金融機関が取らなければならなくなるからです。金利上昇に備えたリスクヘッジは多少なりともしているはずですが、何年か前の国の調査では、長期固定タイプのリスクヘッジをまったくしていない金融機関もあってビックリした記憶があります。

だからこそ、リスクヘッジをあまりしていない金融機関は、金融機関にとってリスクの低い変動金利型や短期の固定タイプをすすめたいわけです。利用者である顧客にリスクを転嫁できるから。

分散投資の観点からすれば、住宅ローンの金利も複数のものを組み合わせるのもひとつでしょうが、それが必ずしも有利になるわけではありませんし、金利の上昇余地は大きいと思われるのであれば、ミックスプランであっても、変動金利型や短期固定タイプは避けるべきでしょう。
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム