09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

繰り上げ返済は年明けに!

さあ、11月になりました。
そろそろ繰り上げ返済をしようかとか、冬のボーナスでは絶対に繰り上げ返済をしようと考えている人もいることでしょう。

住宅ローンの利息は、その時々の残高に対して毎日計算されているようなものなので、繰り上げ返済をするのであれば、一刻も早く、1円でも多く行うことが重要です。

ただし、住宅ローン控除を受けている場合で、いまの時期(11月、12月)に繰り上げ返済をしようと考えている人は要注意です。

住宅ローン控除は、年末のローン残高に対して一定率をかけて控除額を求めます。したがって、年末のローン残高が繰り上げ返済によって減ってしまうと、住宅ローン控除も減ってしまうのです。

繰り上げ返済を年末ギリギリに行うくらいなら、年明け早々に実行したほうが、住宅ローン控除の額も考慮すると、有利になる可能性が高いといえます。冬のボーナスでの繰り上げ返済は、“年明けまで待つ”が得策でしょう。

じゃあ、夏のボーナスも年明けまで待ったほうがいいのか、と思うかもしれませんが、そこまで待つと損になる可能性が高くなります。残りの返済期間や金利水準によっても異なりますが、年末まで数ヵ月ある場合は、早く繰り上げ返済してしまったほうが、利息の軽減効果の増加分が住宅ローン控除の減少分よりも大きくなるためトクだと思われます。

実際には個別に計算する必要がありますので一概には言えませんが、ともかく、年末近くに繰り上げ返済をする場合は、住宅ローン控除のことも検討したほうがいいということです。
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム