07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

2008年版、住宅ローンの返済期間とは

住宅ローンの返済期間。これも昔からあまり変わっていません。
ほとんどの住宅ローン商品が最長35年で、1年刻み、または1ヵ月刻みでで返済期間を設定できるようになっています。

ただし、いくら35年で組めるからといって、安易に35年を選ぶのは危険です。ローンを返済していく35年の間、ずっと働いて安定的な収入を得ていけるのかどうか、冷静に判断することが重要です。

途中で繰上げ返済をすれば大丈夫だといわれることも多いですが、繰上げ返済をするためには、その分のお金を貯めなければなりません。
家計にそんな余裕があるなら、返済期間を少しでも短く組んだほうが、トータルの負担はもっと軽くなりますので、バランス感覚をもって返済期間を決めることが大切でしょう。

なお、最近では、返済期間を40年とか50年に設定できる金融機関等も登場しているようですが、とてもすすめられるようなものではありません。住宅ローンという借金は、基本的に踏み倒すことはできないので、よほどインフレ(物価上昇)が持続しない限り、長期で組んだほうが有利になることはないでしょう。


人生の転機に、どうする?ローン。
スポンサーサイト

コメント

年賀状で家事情を知る

PING:
BLOG NAME
こんにちは。スマッチ!編集部の木谷です。

今年も毎週木曜日は編集部で選んだ“ちょっといい記事”をご紹介していきます。よろしくお願いします。

今週は年末に入居された飯田さん、2008年のローン事情を語るヒッシーさん、年賀状から住宅事情を見たtoggyさんの3本...


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム