07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

逆バリなら今が買い?

政府は27日、2009年度の国内総生産(GDP)成長率を、物価変動の影響を除いた実質で前年度比マイナス3.3%とする「政府経済見通し」の改定試算を午前の臨時閣議で了解し、正式発表したとのこと。

これで日本経済は08年度に続き2年連続でマイナス成長となり、過去最悪の水準となるようです。

マイナス3.3%だと、ほんのちょっとじゃないかと思われるかもしれませんが、もともとの日本のGDPの金額が年間で約500兆円という金額なので、3.3%といっても、約17兆円というとんでもない金額になるのです。

簡単にいえば、今年は20兆円近い額の儲けが日本国内から消えるという話。かなり大変なことだといえるでしょう。

一方、最近のニュースによれば、アメリカの住宅市場に回復の兆しが見えてきているとのこと。どの程度信頼できる情報かは不明ですが、それが事実なのであれば、今後は少しずつよくなっていくということでしょうか。

だとすると、今年は底打ちの年となってくれるのかもしれません。
個人的な希望としては、是が非でも、そうなってほしいものです。

来年以降、景気が回復していくのであれば、いまのうちに国内株式を買っておくといいんでしょうね。もちろん、土地やマンションなどの不動産も、逆バリ(=価格が下落していく中で買い向かうこと)の発想でいけば、いまが絶好のチャンスなのかもしれません。

ただし、あくまでも「来年以降、景気が回復するなら」という前提での話なので、今年よりも来年のほうがさらに悪くなるなら、急いで買わないほうがいいということになります。結局、買い時の判断はなかなか難しいということです。




「買いどき」を知る5つの視点
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム