09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

「最初は利息ばっかり」はウソ?

住宅ローンの元利均等返済方式は、はじめのうちは利息ばっかりで元金に充当される部分がとても少ないといわれることがあります。

確かに、金利の高い時代はそうでした。

たとえば、1,000万円を35年返済で借りたとき、

金利が5%だと、
毎月返済額は、50,468円。
そのうち利息が41,666円で、元金は8,802円にしかなりません。

なかなかローンが減らないわけです。

ですが、金利が2%だと、
毎月返済額は、33,126円。
そのうち利息が16,666円で、元金は16,460円です。

最初から半々くらいです。

さらに、金利が1%だと、
毎月返済額は、28,228円。
そのうち利息が8,333円で、元金は19,895円です。

完全に利息と元金が逆転。
これなら最初からどんどんローンが減っていきます。

5月の金利は少し上がったようですが、相変わらず大幅な金利優遇を行っている金融機関もあります。

さすがに適用金利が1%近辺のところを探そうとすると、そのほとんどが変動金利型や2年固定あたりなので、積極的にはおすすめできませんが、たとえば、中央三井信託の変動金利「0.975%」あたりは、金利変動リスクがあるとはいえ、返済額だけ見ると魅力的に感じてしまいます。金利が上がっても対応できる人で、返済期間を短く組める人なら使ってもいいかもしれません。



知らないと損するお金の話
スポンサーサイト

コメント

>>1,000万円を35年返済で借りたときその設定、見事に机上論ですね。どこかに誘導したのですか?

そりゃ返済年数が長いってだけの話で、返済年数を短くすればいいだけ。それ、金利の問題じゃないですよ。まさか、あなた元金均等がトクとか思い込んでるノリですか?

>おっとさん、読者Aさん前々から心ない書き込みをしていた方とIPアドレスが一緒ですね。前にも申し上げましたが、本名を名乗れとまでは言いませんので、同一人物なら同じハンドルネームでお願いします。さて、「おっと」さん名義でのコメントは、すみません、おっしゃっている意味がわかりません。それから、「読者A」さん名義でのコメントについては、返済年数を短くすると、確かに返済額に占める元金部分の割合が高まります。ですが、金利の問題じゃないわけではありませんよ。金利が高ければ、それだけ返済額に占める利息の割合は高まりますから。返済期間が長かろうが短かろうが、同じ返済期間で比べるなら、金利が高いほうが返済額に占める利息の割合は高まります。ちなみに私は、元金均等返済がトクだなんて、思い込んだことは一度たりともありません。過去の記事ですが、しっかりと読んでください↓http://blog.smatch.jp/hissie/archive/10なお、先日のコメント↓で、こちらからも質問をさせていただきましたが、http://blog.smatch.jp/hissie/archive/496ご回答はまだでしょうか。なんらかの返答をいただけない場合は、相手のことを何も考えずに好き勝手に書き込むだけの身勝手な人だと判断し、今後はコメントを承認しませんのでご了承ください。よろしくお願いいたします。" rel="nofollow">http://blog.smatch.jp/hissie/archive/10なお、先日のコメント↓で、こちらからも質問をさせていただきましたが、http://blog.smatch.jp/hissie/archive/496ご回答はまだでしょうか。なんらかの返答をいただけない場合は、相手のことを何も考えずに好き勝手に書き込むだけの身勝手な人だと判断し、今後はコメントを承認しませんのでご了承ください。よろしくお願いいたします。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム