07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

住宅ローン金利に影響を及ぼす長期金利って何?

【住宅ローンのしくみ-vol.15】

フラット35や完全固定金利タイプ、そして固定金利選択型のうち固定期間が長期のタイプ、といったさまざまなローン金利に影響を及ぼす「長期金利」。

長期金利って一体何でしょうか。

ご存じの方も多いでしょうが、
いま現在、日本で長期金利といった場合、通常、
直近に発行された償還期限10年の利付国債の利回り
を指します。
日経新聞では毎日1面の右下のほうに「長期金利」として載っています。

住宅ローンに限らず、日本経済の動向を見るうえでは、株価と同じくらい重要な指標になります。毎日確認するほどでもないかもしれませんが、その方向性を定期的に確認することは大切でしょう。

一般的に、長期金利が上がっていくということは、国内景気がよくなっていっていることを意味しますが、先行きの短期金利の上昇が予想されることを表しているともいえます。

つまり、先行きの短期金利の上昇が景気を冷やし、将来の景気後退へつながる可能性も示唆していると考えることもできるのです。

とはいえ、長期金利の上昇だけに着目して将来の経済情勢を予想することはできませんので、株価や物価などのさまざまな指標とあわせて確認していくことが大切でしょう。
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム