09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

返済可能額の計算ステップ6

?住宅ローンの返済に充てられる最大の金額(年間ベース)
と、
?自分にとっての最長返済期間
そして、
?予想される借入金利
の3つがわかったら、まずは下の表から年間返済額100万円あたりの返済可能額を見つけましょう。


この表は、毎年100万円返していくとすると、いまいくら借りても大丈夫かという金額がわかるものなので、まず、予想される借入金利と最長返済期間の交差した数字を見ます(最長返済期間は5年刻みの設定なので、端数がある場合は前後の数字でおおまかな概算額を求めてください)。

たとえば、?が25年、?が3.5%なら、「1,664万円」だとわかります。

そして、

「その数字」×「?住宅ローンの返済に充てられる最大の金額」÷100万円

という計算をすれば、現在の家計から求められる返済可能額がわかります。

仮に、?が120万円なら、

1,664万円×120万円÷100万円=1,996.8万円

となります。

ここで求められた金額の範囲内なら、借りても安心して返していけるはずです(ただし、収入が減少したり、想定外の出費が続いたりした場合はこの限りではありません)。

さあ、これから住宅取得を検討しようとしている人は、早速、自分の場合で計算してみましょう。


現在の家計から求められる返済可能額の計算は以上です。
次回は、この金額から求められる頭金の額や、購入可能な物件価格についてふれましょう。


ステップ5へ戻る
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム