09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

国債は預金より安全でおトク!

ぷー太ママさんが「定期預金よりも普通預金のほうが利回りがいいのよ」という記事を書いていおれられますが、すばらしいです。なかなか一般の人で気付く人は少ないと思います。

ちょっと前の定期預金を満期まで保有するよりも、途中で解約した場合の中途解約利率(普通預金金利など)のほうが高くなっているっていう状態です。解約したほうがトクってすごいですよね。

ただ、銀行によっては中途解約利率が、普通預金金利か、その定期預金金利の1割のどちらか低いほうになるようなところもありますので、どこの銀行でも解約がトクかというと、たぶん違いますのでご注意を。

それから、ボクが一般の人の頭金準備などで利用をすすめているのは、ズバリ国債です。
それも、TVのCMなどでやっている個人向け国債ではなく、普通の国債です。

なぜかというと、
すでに流通しているものであれば、さまざまな期間のものがありますし、同じ期間で比較すると、預金よりも利回りが高いのが通常だからです。それに、日本の国債は、日本が経済破綻にでも陥らない限り、満期のお金は安全ですし。

ちなみに、きょう発表になっている主な国債の利回りは以下のとおり。

※日々、価格と利回りは変化しています。


満期がちょうど1年、2年、3年……というものを並べてみました。
家を買うのが2年後とか3年後という人には、その時期にあったものを選べばいいと思います。定期預金に置いておくよりはマシでしょう。

ただ、5年とか10年とか、長期的に利用しようと思っている人は、今後の金利上昇に注意が必要です。金利が上がったときに中途換金をしようと思うと、国債の価格が下落している可能性があるからです。基本的には満期まで保有するスタンスが安全でしょう。

それから、今後金利が上がると思う人は、上がってから購入したほうが利回りは当然高くなります。いつ買うかの判断は難しいところですが、もともと短期間の国債しか買わないつもりなら、あまり気にする必要はありません。

なお、これらのすでに流通している国債を買う場合は、証券会社に行く必要があります。どちらかといえば、大手証券会社のほうが品揃えは豊富なはずです。購入に必要な金額は、額面5万円単位です。

個人向け国債もいいですが、もっともっと普通の国債に目を向けるべきだとボクは思うんですけどね。
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム