09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

平成19年、20年に入居する人も注意!

たびたび住宅ローン控除ネタですが、以前、「ローン控除、10年と15年どっちがトク?」という記事を書きました。

平成19年と20年に入居する予定の人は、ローン控除が10年と15年の選択制になりましたので、どちらかを選ばなければならないのですが、試算したところ、一般的に所得税の負担の軽い人は15年、所得税の負担がもともと重い人は10年のほうがトクになる確率が高いのではないかといったニュアンスの記事を書きました。

今更ながら読み返してみたところ、重要なことを書き忘れました。この試算は、将来にわたって所得税の負担が変わらないという前提で行なったという点です。
今後10年、15年の間に所得税の負担額が変わる場合は、上記の一般的な理屈も当てはまらない可能性が高まります。

つまり、現在、所得税の負担が軽い人が、「よし、自分は15年だ」と思って選んだとしても、来年以降、収入が増えるなどして所得税の負担が重くなっていくと、結果として、10年を選んでいたほうがトクだったということにもなるのです。

また逆に、現在の所得税の負担が重い人が、「よし、自分は10年だ」と思っても、その後の収入減などで、結果として15年のほうがトクだったということになる可能性もあります。

したがって、将来の所得税の負担を予想し、ローン残高の推移の見通しと合わせて、どちらを選ぶべきかを冷静に判断することが重要になります。しかし、10年後、15年後の収入の状況なんて、誰にも予想できないでしょうから、結局のところ、どちらがトクかを事前に判断することは不可能に近いでしょうね。

来年の確定申告の時期、問い合わせが殺到したら、税務署はてんやわんやになるでしょうね。だって、税務署に人にもどちらがトクかなんてわからないでしょうから。大変だな、こりゃ。
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム