09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

年収400万円だと3000万円のローンは危険!

年収400万円でも家は買えます。

ただし、収入の多寡にかかわらず、ローンを組むのであれば、将来にわたってきちんと返していけるかどうかが最も重要な問題です。

10月から収入基準が緩和されたフラット35を使えば、年収400万円でも3000万円ちょっとまで融資を受けることが可能です。つまり、購入価格の9割ギリギリまでローンに頼るなら、3300万円程度の物件まで買えちゃうわけです。

でもこれは、金利3%、35年返済、返済負担率35%ギリギリで計算した場合です。

35年間きちんと返せるのか、返済負担率35%ギリギリで生活できるのか、ということを冷静に考える必要があります。

年収400万円といっても、現在の社会保険制度や税制などを踏まえると、手取りの収入は年間320万円前後です。

ここから返済負担率35%つまり、年間140万円のローンの返済を行うと、残るお金は180万円。マンションなどの管理費や修繕積立金、固定資産税や都市計画税などが30~40万円かかってくると、生活にあてられるお金は毎月10万円ちょっとがいいところです。

光熱費や食費だけならなんとかなるかもしれませんが、将来の教育資金や老後資金は準備できるのでしょうか。よっぽど収入が増えていかない限り、ゆとりのある生活はムリじゃないかと思われます。

こんな資金計画を組めてしまう現状が大きな問題だとボクは思うんですけどね。住宅金融支援機構や金融機関は何を考えているんだか。まったく、困ったものです。


いくらなら買える??
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム