09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

2008年版、金融機関等の選び方

住宅ローンを選ぶ際、どの金融機関等に相談に行くべきかと迷う人もいるでしょう。

結論から先にいうと、
可能な限り、多くの金融機関等に相談に行くべきです。

前回の記事でも触れたように、住宅ローン商品を比較する場合は、金利だけでなく、手数料や保証料、保険料なども合わせて検討することが大切なので、表面的な金利だけで金融機関等を決めてしまうのはよくありません。

また、借入先を決める場合は、大きな金融機関等だけで検討するのではなく、地域密着型の金融機関である地方銀行や信用金庫、JAなども選択肢の一つとしてローン商品を比較検討することが大切です。

意外と小さな金融機関等のほうが、大きなところよりも有利な条件を提示してくれる場合もあります。

規模が小さいと破綻したときが心配といわれることがありますが、通常は金融機関が破綻したからといってすぐにローンの一括返済を迫られることはありません。引き継ぐ金融機関が現われれば、その新しい金融機関でこれまでどおりの返済を続けられるはずです。
したがって、小さい金融機関だからといって必要以上に心配する必要はないでしょう。

とにかく、最寄の金融機関や、給与振込口座のある金融機関、勤務先のメインバンク、業者と提携している金融機関、ネット専業の金融機関等、さまざまなところのローン商品を調べ、自分の場合の手数料や保証料、保険料などを細かく試算してもらって比較検討してみてください。




知っておきたい2008年のマンション
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム