09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

返済負担率35%って無謀でしょ!

返済負担率。もう何回か書きましたが、住宅ローンの年間返済額の年収に対する割合です。金融機関が審査をするときの基準のひとつにもなっています。

フラット35の場合、

年収400万円未満……30%以下
年収400万円以上……35%以下

となっています。

つまり、年収が400万円ちょうどなら、最大35%である年間返済額140万円(=400万円×35%)までのローンが組めるということです。
これはスゴイです。
上限いっぱいまでのローンを組むと、はたして生活はできるんでしょうか。

マンションなどを買うと、修繕積立金や管理費などがかかります。固定資産税や都市計画税なども必要。駐車場の管理費が別途かかる場合もあります。それらを合計すると、年間50万円を超える負担が別に必要な場合もあるのです。住宅ローンの返済額と合計すると年間190万円にも。

さらに、そもそも年収400万円の人は、家族構成によって若干異なりますが、手取りの収入は320万円前後です。

したがって、320万円から190万円を差し引くと、130万円になります。これが1年間の間に生活にかけられる最大の金額です。食費、光熱費、教育費、保険料などを支払い、さらに将来のための貯蓄はできるのでしょうか。かなり厳しいものになることが予想されます。

年収が1000万~2000万円もあるというように、よほど収入が多いのであれば大丈夫かもしれませんが、返済負担率30%とか35%というのは、かなり無謀なローンの組み方になりますので注意が必要です。


自己資金200万円未満の人の「覚悟」と「めど」
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム