07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

サブプイライム問題は解決に向かうのか

昨日アメリカで、経営難に陥っている連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)を政府の管理下に置くと発表された。

総額2000億ドルの公的資金注入によって金融システム危機を防ぎ、アメリカ経済の悪化に歯止めをかけようとしているらしい。

確かに、アメリカの住宅ローン市場は、国債の残高よりもはるかに多く、そして、その大半が証券化されています。特に、全体の残高の4割はファニーメイやフレディマックなどの機関(エージェンシー)によって証券化され、MBSになってマーケットで流通しています。

その残高は、日本の住宅ローン残高をはるかに上回っているだけでなく、日本の国債の残高さえも上回る金額のようです。要は、アメリカの住宅ローン市場では証券化が欠かせない存在になっているといえます。だからこそ、エージェンシーに資金援助し、金融不安の解消を狙っているわけです。

さて、では、今回の措置でサブプライム問題を発端とするアメリカ経済の冷え込みを解消できるのでしょうか。

もちろん、これからどうなるかを正確に予測することは不可能ですが、サブプライム問題の根本部分であるサブプライムローン自体がまだまだ存在し、返済に困っている人たちがいる現実からすると、まだまだそう簡単には解決には至らない気がします。

巡り巡って影響の及ぶ日本経済のことを考えると、一刻も早くアメリカ経済には復活してもらいたいところですが、やはり厳しそうな感じです。とすると、日米ともに物価が上がる局面でありながらも、金利はなかなか上げられないというのが実際のところでしょう。

今日は日本の株価も少し戻りましたが、安心できない状態がまだ続きそうです。



・日本の住宅ローンは?
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム