07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

登記の際の持ち分と贈与

土地・建物の登記における持ち分割合は、実は自由に設定することができます。
2分の1ずつでも、3分の2と3分の1といった感じでも、好きなように設定できます。

しかし、土地・建物の取得費を実際に負担した金額の割合と異なる割合で登記してしまうと、負担した金額よりも少ない持ち分の人から多い持ち分の人への贈与の問題が発生してしまいます。だからこそ、ローンや諸費用等の分も含めて実際に負担した金額の割合で登記することが大切なのです。

贈与税は年間110万円までであれば基礎控除があるのでかかりませんが、夫婦間といえどもかかるものはかかるので注意が必要です。

詳しくは、最寄りの税務署に確認しましょう。





マイホームマニュアル
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム