09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

フラット50!!!???

きょうの日経新聞の1面に載っていた記事。

住宅金融支援機構が2009年4月をめどに、金利を最長50年間固定する新型住宅ローン「フラット50」を発売する方針を固めたようです。

「二百年住宅」などの住宅が対象で、満80歳までに返済を終えるか、子供にローンを引き継いで完済できることが条件だそうだ。


だ~か~ら~

借り手のことを全く考えていないローン商品は作らないでほしいものです。

一体どこにこのご時世で、今後50年間しっかりローンを返し続けると断言できる人がいるのか。

人生の大半を借金の返済に追われることになるのを、一部の金融機関がやるだけならまだしも、住宅金融支援機構という公的な機関が推奨するのはいかがなものか。

自己責任時代であることをすべての利用者が完全に理解できているのであれば問題ないが、いまだに業者や金融機関にすすめられるがまま住宅取得やローンの組み方を決めてしまう人が多い現実。

「ローンの最長返済期間は30年以内」などと、貸金業法などできちんと規定してほしいと思っているくらいなのに。
困ったものです。




住宅ローン

スポンサーサイト

コメント

>>今後50年間しっかりローンを返し続けると断言できる人がいるのか。この件に限らず、世の中に断言できることなんてないし、断言しなきゃいけないなんてこともないですよ。極端ですね。まるで冷静じゃない。

すみません。少し感情的になってしまったかもしれません。確かに世の中断言できることなんてないですね。でも、でも、ハッキリいって冷静になれる話ではありません。あなたはこの件に関してどう思われるのですか?借り手が50年もの期間、借金の返済に追われることをヨシとしますか?将来、生活が立ち行かなくなって住宅を売却するハメになる人や、老後の生活において食べるものにも困るような状態になる人が増えたとしても、不動産業界や金融業界を助けることによる経済効果を優先すべきだと思われますか?

安全、安心、余裕がカンペキに見える状態でなくてもですね住宅取得できるのであれば取得したいですよ。親から譲りうける予定もないし賃貸住宅の家賃も子供がいる家族には広さを考えると結構なものです。家賃と同じくらいの支払い金額で買えるのならば買う方法を探します。お金溜まるまで待ってたら?その間の家賃は無駄金ですよ。借金じゃなくても結局どこかに住んで家賃を払わなければならない。それは買ってなければ一生続くのですよ?70歳で払い終わるローンでも80歳まで生きれば年金から払い続けるのはたとえ10年でも減るし。賃貸推奨されてるんですか?

>tatsuさんコメントありがとうございます。私はけっして賃貸を推奨しているわけではありませんよ。ですが、購入したほうが絶対にトクだとも思ってはいません。過去の記事ですが、ご参考まで。http://blog.smatch.jp/hissie/archive/335http://blog.smatch.jp/hissie/archive/15ですので、本当に安全な資金計画で買えるのであれば、住宅購入をしても何の問題もないと思います。私が問題だと思っているのは、返済負担率を35%や40%までOKにしてしまう金融機関等が、35年よりも長い返済期間の設定を可能にしようとしていることです。返済負担率35%などで40年や50年のローンを組むのはハッキリいって無謀です。よほど収入が増えていかない限り、教育費や老後資金の貯蓄をしながら完済することは難しいはずです。そのことを借り手側がしっかりと理解して自分の身の丈にあったローンを組むのであればよいのですが、現実は業者任せ、金融機関任せでローンを組んでしまう人が多いのが現状です。そんな状況が続く限り、50年ローンなどを作ってしまうと、将来的なローン破綻者を増やすだけではないかと、老婆心ながら思っているのです。" rel="nofollow">http://blog.smatch.jp/hissie/archive/335http://blog.smatch.jp/hissie/archive/15ですので、本当に安全な資金計画で買えるのであれば、住宅購入をしても何の問題もないと思います。私が問題だと思っているのは、返済負担率を35%や40%までOKにしてしまう金融機関等が、35年よりも長い返済期間の設定を可能にしようとしていることです。返済負担率35%などで40年や50年のローンを組むのはハッキリいって無謀です。よほど収入が増えていかない限り、教育費や老後資金の貯蓄をしながら完済することは難しいはずです。そのことを借り手側がしっかりと理解して自分の身の丈にあったローンを組むのであればよいのですが、現実は業者任せ、金融機関任せでローンを組んでしまう人が多いのが現状です。そんな状況が続く限り、50年ローンなどを作ってしまうと、将来的なローン破綻者を増やすだけではないかと、老婆心ながら思っているのです。

>>借り手が50年もの期間、借金の返済に追われることをヨシとしますか?家買わなきゃ、家賃払うだけですよね?では、借り手が50年もの期間、もしくはそれ以上、家賃の支払いに追われることはヨシとするのでしょうか?>>安全な資金計画あなたのいう安全な資金計画で買える家はボロ家です。「資金計画は安全でも、建物は安全ではない」のはヨシなのですか?冷静でないし、片側しか見えてないし、価値観を押し付けているだけで、数値的な根拠もない。だから、説得力がありません。

>冷静でないし、片側しか見えてないし、>価値観を押し付けているだけで、数値的な根拠もない。>だから、説得力がありません。ずいぶんと攻撃的な言葉を使われますね。私がまだまだ未熟であることをご指摘いただきありがとうございます。でも、少し凹みます。もう少し優しくご指摘いただけると嬉しいです。ただ、けっして私は自分の価値観を押し付けているつもりはありませんし、数値的な根拠はこれまでの記事でさまざまな試算を行いましたので、何の根拠もなく書いているわけでもありません。試算例http://blog.smatch.jp/hissie/archive/15http://www.hissie.com/hikaku-1http://www.hissie.com/hikaku-2それから、>あなたのいう安全な資金計画で買える家はボロ家です。このご意見は、私の過去の記事を読んだ上で、断定されているのでしょうか?「住宅ローンの上手な組み方」のカテゴリー↓http://blog.smatch.jp/hissie/category_4/これらの記事をすべて読んでいただいた上でも、私の考える安全な資金計画では“ボロ家”しか買えないと思われますか?そもそも、あなたの考えるボロ家とはどんな家ですか?たとえば、築10年、価格2500万円の中古マンションはボロ家ですか?複眼的なご意見と、数値的な根拠をお示しいただければ、私の間違っているところも具体的に理解できるのですが。是非ともご教示下さい。" rel="nofollow">http://blog.smatch.jp/hissie/archive/15http://www.hissie.com/hikaku-1http://www.hissie.com/hikaku-2それから、>あなたのいう安全な資金計画で買える家はボロ家です。このご意見は、私の過去の記事を読んだ上で、断定されているのでしょうか?「住宅ローンの上手な組み方」のカテゴリー↓http://blog.smatch.jp/hissie/category_4/これらの記事をすべて読んでいただいた上でも、私の考える安全な資金計画では“ボロ家”しか買えないと思われますか?そもそも、あなたの考えるボロ家とはどんな家ですか?たとえば、築10年、価格2500万円の中古マンションはボロ家ですか?複眼的なご意見と、数値的な根拠をお示しいただければ、私の間違っているところも具体的に理解できるのですが。是非ともご教示下さい。

50年のローン。正直なところ、想像するのも恐ろしいです。その場しか考えてない、というのが正直な印象です。>「二百年住宅」などの住宅が対象で、満80歳までに返済を終えるか、子供にローンを引き継いで完済できることが条件だそうだ。資金計画に無理がなくとも、この条件のクリアがかなり大変です。「200年住宅」という口当たりのよい言葉も好きではありません。実際に200年持たせるためにどれだけのメンテナンスが必要なことか。1/4の50年でもかなり多額のメンテ費用が必要なはずです。地方によっては大修繕を2回する費用で土地と家が買えますもの。子どもがホントにその家を引き継いでくれるのかも問題です。子ども自身が住むならば問題は少ないのですが、そういうケースは少ないと予想します。自身が住まなければ売るか、賃貸に出すしかない。築数十年の物件が、建物の状態がどんなによくても築古というだけで商品価値をどれだけ失うことか。80歳までに寿命がつきれば団体信用生命保険適用なのでしょうか?保険料負担もきつくなりそうですが。。。

>武水しぎのさんコメントありがとうございます。おっしゃるとおりですね。想像するのも恐ろしいというのは同感です。

地方の県庁所在地の駅から車で30分ぐらいの郡部に住んでいます。15階建ての免震マンションが完成間近です。決して便利の良いところではない郊外ですが。50年ローンと言われると考えざるえない?地方のマンション価格については、情報があまりに少ない。マンションは、次から次と建っておりますが、それでも、マンション住まいは、圧倒的少数派ですし、退職老人、独り者、がほとんどだと聞いています。私の家は大正時代に建てられたという羽振りのいい時代の大きな、大家族用ですが、今は二人住まいで、保存修理に収入が追いつきません。金利の低い今はチャンスですが、それより、将来の金銭価値の変動が問題なように思います。不確実なことに今、確定してしまうのはやはり問題ですか?

>のっぽのsummyさん難しい質問ですね。なんともいえないところですが、不確実であることをきちんと認識し、さまざまなケースを想定して、それでも何とかなるという自信をもてるのであれば、マンション購入や住宅の買い替えなどを実行に移してもよいのではないかと思います。いかがでしょうか。

 こんにちは、不動産売買営業をしているものです。 私も菱田さんのお考えに賛成です。20年ローンと50年ローンでは先々のリスクがまるで違う上に、ライフプランの見通しがつきにくくなります。リスクが増えるのに支払い利息が増えるのですから、投資として見合わないですね。「家賃が無駄」とおっしゃる方が、銀行金利を無駄じゃないと考えることが不思議でなりません。   私はFPでも何でもありませんが、関連のブログを書いていますので、宣伝させてください。http://d.hatena.ne.jp/Lhankor_Mhy/20080316/1205664322" rel="nofollow">http://d.hatena.ne.jp/Lhankor_Mhy/20080316/1205664322

>Lhankor_Mhyさんコメントありがとうございます。確かに、銀行等に支払う利息はもったいないですね。家賃がもったいないという気持ちもわかりますけど。家を借りることに対して支払うお金が家賃。お金を借りることに対して支払うお金が利息。ま、基本は同じですかね。

現在、マイホーム計画真っ最中のかめですが確かに、50年なんて払えるかどうかなんて、分かりませんよねぇ僕的には、繰上げ返済考えての50年??ですかね・・・現在、本業で数百万の年収で、今作業場兼の家を買って作業場が畳にして10畳(約3坪)増えれば、年収千数百万の見通しがあれば、50年であろうが60年であろうが組んでしまうと思います。商売人は先見の目が物を言う世界なので・・・・かと言って、明日の見通しもつかないご時世確かに、長期ローンは怖いものです。でも、死ぬまで仕事が自営業の悲しい嵯峨・・・・50年ローンなんて序の口!!!!国金(事業資金)はどうせ一生続くんですからぁ~~残念!!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム