07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

【購入相談】40代後半、老後の住まいの購入を検討中

【相談内容】40代後半のご夫婦。子供が独立して家を出たため、夫婦2人では広くて家賃の高い家はもったいない。老後のことも考えて2人で住むためのマイホーム購入を検討中。比較的便利なマンションであれば、広さはあまり求めないとのこと。世帯年収は650万円程度。

スポンサーサイト

コメント

----


比較的便利な場所のマンションというと、


この物件↓や、


http://www.smatch.jp/T2000/thread/">http://www.smatch.jp/T2000/thread/


この物件↓


http://www.smatch.jp/T1958/thread/">http://www.smatch.jp/T1958/thread/


あたりでしょうか。


確かに、夫婦2人だけの老後生活となると、そんなに広い物件は必要ないと思われます。一戸建てのような広い物件は、子育て期間中は広すぎると感じることはないでしょうが、夫婦2人だけの生活になると、高齢になるほど、掃除をするだけでも大変な状況になりかねません。


また、老後も家賃負担が続く賃貸よりは、コンパクトな持ち家を買ってしまったほうが老後の生活設計も立てやすいといえるでしょう。


しかし、40代後半で住宅ローンを組むというのはリスクもあります。


60歳や65歳などの定年までにローンの返済を終えるためには、必然的に返済期間を短くしなければなりません。40代後半だと、長くても15年程度の返済期間にするべきです。20年や25年にしてしまうと、老後も返済を続けるか、退職金などで一括返済する必要がありますので、少なからず老後生活にシワ寄せがいく可能性が高まります。


単純に試算した結果からしても、年収650万円で返済負担率25%以下に抑えるには、返済期間15年だと借入金額は2,000万円弱が最大だと考えておくべきです(借入金利3%で計算)。


とすると、頭金として2,000万円から3,000万円程度の資金を準備できないと、立地条件のいい便利なマンションは厳しいということになります。


やはり、広さを求めずにコンパクトな物件を探すのであれば、物件の所在地などをあまり限定せずに探すことで、安全な資金計画で買える物件も見つけられると思います。現在の貯蓄の状況や、今後の収支状況の見通し、老後の希望する暮らし方などを総合的に考え、冷静に物件探しをしていくのがよいかと思われます。


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ヒッシーこと菱田雅生

  • Author:ヒッシーこと菱田雅生
  • 1969年東京生まれ。大学卒業後、証券会社、独立系FP会社を経て独立。ライフアセットコンサルティング株式会社代表取締役。現在は、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事。ごくたまにTVやラジオへの出演もしている。
    http://www.fpmeister.com
 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

ブロとも申請フォーム